白鴎大学 HAKUOH UNIVERSITY

学生生活

教職課程・資格課程

スクールサポート

■ スクールサポートとは…

白鴎大学のスクールサポートとは、本学学生が小中学校で現職教員の指導のもと週1回~3回程度、児童生徒の学習活動や部活動等の支援をするシステムです。学校を支援しながら、教員としての資質・能力を高めます。

教育学部に限らず、教職を目指す学生や学校現場に関心のある学生は、2年次から参加できます。参加期間は半年または1年間です。

教育学部では、2006年度より小山市内の小中学校の支援を開始し、翌2007年度に小山市教育委員会と協定を締結しました。現在は小山市を含め4市の教育委員会と協定を締結し、2009年度より下野市及び古河市(茨城県)の小中学校でスクールサポートを開始しました。また、2016年度からは、結城市(茨城県)の小中学校でもスクールサポートを開始しました。

スクールサポートとは… イメージ

■ スクールサポート事業の組織図

学校インターンシップ支援部会は、スクールサポート事業において近隣市町村の教育委員会と連携し、学生を各章ちゅ学校等へ派遣する調整役を担っています。

▲クリックすると新しいウィンドウで開きます。

■ スクールサポートの主なスケジュール

4月 ・教育委員会による管轄小中学校への支援希望の調査
・学生に小中学校の支援内容の資料を配布
4月下旬 ・学校インターンシップ支援部会及び教育委員会による学生対象のスクールサポート説明会を開催
⇒学生に対する希望支援学校先の調査
5月中旬 ・教育委員会にて学生の支援先を調整し決定
5月下旬 ・スクールサポートの開始
翌3月 ・スクールサポートの終了

■ 主な支援内容(担任が進める授業の支援)

学校種 支援内容
小学校
中学校
  • 国語、算数、数学、理科、社会、英語等における学習支援
  • 基礎、基本的学習内容の個別指導
  • 図工、家庭科、体育、音楽等における実技指導の補助
  • 特別支援学級における生活、学習支援
  • 部活動支援(陸上、バスケットボール、サッカー等)
  • 放課後子ども教室の学習サポート
  • 業間休み、休み時間における児童生徒とのふれあい等
適応指導教室
  • 学習支援や諸活動における補助
「アルカディア(小山市)」「スマイル教室(下野市)」「教育支援センター(古河市)」
「フレンドゆうの木(結城市)」など
外国人児童生徒
適応指導教室
  • 外国から来日したばかりの児童生徒への日本語指導や生活適応指導
「かけはし(小山市)」

■ 参加学生の延べ人数及び支援学校数(過去3年間)

  2016(平成28)年度 2017(平成29)年度 2018(平成30)年度
参加学生の延べ人数 支援学校数 参加学生の延べ人数 支援学校数 参加学生の延べ人数 支援学校数
栃木県小山市 270人 33校 262人 31校 206人 26校
栃木県下野市 33人 15校 56人 14校 29人 13校
茨城県古河市 10人 7校 9人 7校 4人 5校
茨城県結城市 26人 4校 30人 5校 28人 8校
339人 59校 357人 57校 267人 52校

■ 学生と受け入れ校の声

学生A 教育実習前のサポート体験により、児童の実態や多様な指導法を学ぶことができたので、教育実習時には落ち着いて指導できた。
学生B サポートの経験のおかげで、教員採用試験の模擬授業や面接時に自信を持って臨め、合格することができた。
学生C スクールサポートに参加したことで、大学の授業では学べないことや課題を発見することができた。
D中学校 活気のある学生の教科指導や部活動への支援により、生徒の基礎的事項の理解力や意欲の向上につながった。